【実績報告】新しい企業イベントの形。ファミリーデイの企画のポイント


ファミリーデイをご尊次でしょうか?
最近多くの企業でファミリーデイの実施のご相談を頂きます。
ファミリーデイとは、働く従業員のご家族をオフィスにお招きし、オフィス内で会社の紹介をしたり、
ご家族と、上司が一緒に談笑したり、軽食を取りながら日頃の感謝を伝えったりする社内イベントです。

なぜファミリーデイが今人気なのか?

なぜ今ファミリーデイが人気なのでしょうか?

色々な理由があるとは思いますが、いくつかの観点で考えてみたいと思います。

 

まず、主催する企業の立場で考えてみると、

従業員のご家族を会社にお招きすることでどんな場所で働いているのか?

どんな仲間と働いているのか?など職場の理解をより深めることが可能になります。

そうすることで仕事にも理解をして頂く機会となり、ご家族の応援を得やすくなります。

また、上司や同僚のご家族とも触れ合う機会となり、家族ぐるみの関係を社員同士が

構築することが可能になります。

これはとても良いことですよね。会社へのロイヤリティが上がったり、モチベーションが向上したりと、

多くのメリットが生まれます。

企業のブランドイメージを向上させる効果もあります。社外的にも活動を広報していくことで、

企業のブランドイメージを強くしていく効果も持っています。

なにより、多くの笑顔があふれる場面はとても良いですよね。

 

次に参加する社員目線です。

普段、旦那はどのような所で働いているのか?

普段なかなか可視化することの難しい仕事を可視化することが出来、家族内での会話も増えるでしょう。

また、お子様なども呼ぶことで、職業体験をしてみたり、自分が働く姿をイメージしてもらったりと、子供の

経験値を増やすこともできます。

なにより、同僚との相互理解が進みますので、業務を進めやすくなることも期待できます。

 

事例のご紹介

今回は、先日弊社にてサポートさせて頂いた事例をご紹介させて頂きます。

今回のお客様は、工場を営んでいる企業様でした。

工場で働く従業員とそのご家族をお招きしてのファミリーデイとなりました。

工場敷地内をファミリーデイ仕様にし、安全に運営進行することが今回のミッションです。

会場が向上ということ、こちらの企業様の大切にする神殿がございましたので、こちらのお披露目も込めて、

会場の装飾を行っています。

こちらの神殿はとても大きく、クレーンで釣り上げながらの設置となりました。

圧巻ですね。

やはり「めでたい」を表現するには紅白幕がピッタリです。

敷地の外のエリアには、屋台を用意し、飲食して頂ける場所もご用意しました。

少し寒い時期でしたので、温まってもらうことも大事にします。

そして、今回の目玉は外れ無しの大型ガラポン抽選会です。

子供用、大人用、女性用とガラポンをご用意し多くの皆様に日頃の感謝を込めての抽選会を実施しました。

大きいガラポンは日頃回すことも少ないと思います。

大人の方もとても楽しんでいただけました。

お子様が楽しんでいただける縁日のスペースもご用意。

お祭り気分で楽しんでいます。

縁日の定番射的も忘れません。

 

お父さんもお母さんもお子様も談笑しながら楽しんでいました。

「いつもお世話になっています」という会話が自然と生まれ、自然と笑顔になっている方も多くいました。

1日通して多くの方にご来場いただき、盛況の中イベントを終了いたしました。

 

ファミリーデイ開催のポイントとは?

もしファミリーデイをご検討のご担当者様がいらっしゃる場合、確認事項はたくさんありますが、

一つポイントをお伝えすると、それは「お子様の年齢」をしっかり把握することです。

ファミリーデイは基本的に大人の方はご挨拶や会話を楽しんでいただき、

お子様にはゲームやアトラクションを楽しんでいただきます。

例えば、オフィスツアーを設計する際には、お子様の年齢層に応じて企画を考える方が良いでしょう。

お子様の年齢層と企画がずれているとお子様が楽しめず、お母様方もそわそわしだします。

結果的に滞在時間も短くなってしまい、せっかくのイベントが閑散としてしまいやすくなります。

確認事項や取組事項はたくさんありますが、まず年齢像を確認する事をお勧めします。

 

ファミリーデイを企画の際には、是非GROWSにご相談ください。

多数の実績事例、運営のノウハウを基に最適なご提案をさせて頂きます。

 

社内イベントはコミュニケーションの場

社内イベントは、メッセージが伝えやすい最高の場面です。

この機会を活用しないことはないので、是非有効活用してみましょう。

GROWSでは、今回ご紹介しきれなかった社内イベントの企画コンテンツを多数そろえております。

是非、企画に悩んだり、もう少しグレードアップさせたいなどのご要望の際には、ご相談ください。

社内イベントは、社内のコミュニケーションの質を向上させたり、チームワークの醸成。

愛社精神やロイヤリティなどを向上させる一つの施策に当たります。

このイベントは、「何故行っているのか?」「何を成し遂げたいのか?」

次のステップではどのような世界を描いているのかを考えることがとても大事です。

 

社内イベントを開催することで、何が動き出し、何がちょっと変わるのか?

是非、よく考えて企画してみてはいかがでしょうか?

 

社内イベントをもっと良くしたい。もっともっと成長の機会にしたい。

マンネリ化してしまっているなどの、ご相談は是非GROWSまで。

よろしくお願いします。

growstoiawase

 

 

GROWS

growstoiawase

GROWSでは、「会社行事.com」という、社内イベントの企画コンテンツサイトを運営しています。

是非、こちらも併せご覧ください。

kaisyagyouji.com

GROWS