【実績報告】社内表彰式&社内コンテスト。栄誉感溢れ、かっこよい社内コンテストイベントの仕掛け方


皆様の会社で、社内コンテストを開催している企業様はありますでしょうか?

社内コンテストと一言で言ってもたくさんあると思います。

  • 社内接客コンテスト
  • 社内営業マンナレッジコンテスト
  • 社内新規事業プレゼンコンテスト
  • 社内調理技術コンテスト
  • 社内プログラミングコンテスト

など、挙げるとたくさんあるかもしれません。

このコンテストいう企画は、経験した方も多いともいますが、立ち上げが結構大変です。

 

企画の立ち上げフェーズ

企画の立ち上げのポイントは、この社内コンテストが一体何の課題を解決していくのか?

その目的を明確にすることから始まります。

社内イベントの基本は、課題解決と未来創造です。

この社内コンテストを開催することで、より良い会社になっていく仕組みの一つとなること。

それが、社内コンテストを設計するまず第一歩です。

 

分かりやすい事例でご紹介させて頂きます。

例えば、「接客コンテスト」という企画があります。

この企画では、現場で働く多くのスタッフの中から、最も優秀なパフォーマーを選出。

何回かの予選を行い、決勝大会を実施。グランプリが決まります。

この接客コンテストという企画は、優秀な販売スタッフのスキルを全社に横展開させるという

大きな目的があります。またグランプリを作ることで、スター性を持たせ働くモチベーションに進化させたり、

自分もあのステージに立ちたいと思わせることが現場のロイヤリティを上げるきっかけになります。

また、現場を巻き込む仕掛けとしても活用するケースもあります。

 

社内コンテストの立ち上げに大事なこと

さて、社内コンテストの企画が承認され、実際に動き出しをしていくときに、

大事なポイントは、認知させることです。

新しい企画で一番のポイントは社内認知です。

まず、どういった企画かわからない事や、参加したらどんないいことがあるのかなど

企画立ち上げ期はとにかく認知レベルを上げることを大事にしましょう。

社内ポータルでの発信。社長のメッセージを出す。社内にポスターを張る。

告知用の映像を作る。社内報に載せる。

など、社内のメディアは全て使い切る事をお勧めします。

 

表彰式などと社内コンテストの大きな違いは、エントリーなどが発生するところにあります。

強制的に全員をエントリーという形を取る事も最初のころはありかもしれません。

もちろん、自発的な活動となり、社員全員がエントリーしたいと思ってもらえるそんな企画を目指したい

ですね。

GROWSでは、社内コンテストのサポートを行っています。

ご相談ください。

 

実績事例をご紹介

今回は、先日弊社でサポートさせて頂い企業様の事例をご紹介させて頂きます。

こちらの会社様では、社内ナレッジコンテストを開催しております。

予選を勝ち抜いてきたファイナリストのナレッジをプレゼン形式で進行するイベントです。

当日は決勝戦という位置づけですので、しっかりと演出要素も盛りだくさんにし、

栄誉感や、特別感を作ります。

「あのステージに立ちたい」そう思ってもらえるイベントに仕立てました。

今日は、決勝戦=戦いの火ぶたが切って落とされます。

登場はとにかくかっこよく!

出場者、厳しい予選をクリアしてきた精鋭そろいです。

しっかりと準備をしてきて頂いた美さんの期待に応える為にも、とにかくかっこよく演出を致しました。

CO2演出でご登場いただきました。

BGMと演出を合わせて、ポージングを決め頂きます。

いかがでしょうか?

かっこよいですよね。

その他にも、ライブカメラ等を駆使しして演出を行いました。

登場者には、カメラが密着し、ライブ映像。

固定カメラには出せない雰囲気を作ります。

様々な映像演出がありますので、

オペレーターも大忙しです(笑)

専用の機材を駆使しながら、演出をサポートさせて頂きました。

 

社内コンテストの価値

社内コンテストを立ち上げたい・今一つ盛り上がっていない。そんなお悩みありませんか?

社内コンテストの企画は、大小問わずとても良い企画になるパワーを秘めています。

社内を活性化させる力があったり、新しいスターダムを作り、新しいムーブメントが起こったり、

予期せぬパワーも発揮できることがあります。

もし、企画にお困りの際には是非ご相談ください。

社内イベントはコミュニケーションの場

社内イベントは、メッセージが伝えやすい最高の場面です。

この機会を活用しないことはないので、是非有効活用してみましょう。

GROWSでは、今回ご紹介しきれなかった社内イベントの企画コンテンツを多数そろえております。

是非、企画に悩んだり、もう少しグレードアップさせたいなどのご要望の際には、ご相談ください。

社内イベントは、社内のコミュニケーションの質を向上させたり、チームワークの醸成。

愛社精神やロイヤリティなどを向上させる一つの施策に当たります。

このイベントは、「何故行っているのか?」「何を成し遂げたいのか?」

次のステップではどのような世界を描いているのかを考えることがとても大事です。

 

社内イベントを開催することで、何が動き出し、何がちょっと変わるのか?

是非、よく考えて企画してみてはいかがでしょうか?

 

社内イベントをもっと良くしたい。もっともっと成長の機会にしたい。

マンネリ化してしまっているなどの、ご相談は是非GROWSまで。

よろしくお願いします。

growstoiawase

 

 

GROWS

growstoiawase

GROWSでは、「会社行事.com」という、社内イベントの企画コンテンツサイトを運営しています。

是非、こちらも併せご覧ください。

kaisyagyouji.com

GROWS