ただの演技じゃ意味がない。ロールプレイングコンテスト企画のコツとポイントとは?


まず最初に。

形だけの演技のロールプレイングコンテストは意味がありません。

冒頭にお伝えさせて頂きたいと思います。

growssekkyakucontest

ロールプレイングコンテストの目的は、多くの場合以下に集約されると思います。

☑優秀なスタッフの称賛の場

☑優秀なスタッフのテクニックやナレッジの横展開の場

社内のロールプレイングコンテストでは、このような目的に集約されてくるのではないでしょうか?

 

この目的の実現の為に大事なことは、「演技」ではなく、「本気」です。

ロールプレイングコンテストを演技の場、演じる場として捉えてしまうと、

いつもの接客やいつもの言動と違うパフォーマンスをしてしまいます。

それでは、何が評価なのかが分からなくなってしまいます。

 

ただ、あくまでもロールプレイングではあるので、実際とは違います。

実際の販売の場面とは違うけども本気になれる環境をいかにつくれるかが、ロールプレイングコンテスト設計のポイントに

なるのではない無いでしょうか?

そして、何より勝ちたい、グランプリになりたいと思わせる仕掛けがロールプレイングコンテストを実施する上で必要です。

 

優秀なスタッフの賞賛のステージ

gowssekkyakucontestyuusyuu

もし、皆さんが社内で優秀な販売員や接客スキルをお持ちだったらいかがでしょうか?

営業成績も良い。

いつも社内表彰のランキングに入っている。

そもそも、社内ではある程度評価されているはずですので、おそらく目立っていたり、エースだったりするのではないでしょうか。

そして、その場合人前でそのスキルを披露したいと思いますでしょうか?

 

おそらく、多くの場合人前で披露することへの抵抗感をお持ちの方の方が一般的かと思います。

能ある鷹は爪を隠すという言葉もあります。

とても協力的なスタッフならともかく、なかなか自分から全社員に伝えたいと思ってもらうのは、ハードルがあります。

 

そこで、イメージしてほしいのが、野球の「甲子園」です。

甲子園というステージは、高校野球を真剣に取り組んでいる球児にとっては、最高の舞台でしょう。

日々の練習を披露する最高のステージです。

甲子園に何故、価値があるかというと高校球児、皆が目指しているからこそ意味があります。

野球が強い高校も、弱い高校も皆、甲子園を目指している。

きっとこの姿がロールプレイングコンテストの最もベンチマークすべきイベントかもしれません。

 

甲子園で活躍すれば、プロ野球に行ける、もしかしたらテレビに出るかも。

今日敵と戦いたい。純粋に優勝したい。

そんな思いの源泉には、どこかでこの舞台で賞賛されたいという球児の思いがあります。

賞賛という言葉があっているかは分かりませんが、

活躍したい。

目立ちたい。

勝ちたい。

あのマウンドに立ちたい。

どの思いの源泉にも賞賛というものがあるのではないでしょうか。

 

あの舞台で賞賛されたらかっこいいとスタッフ全員に思わせることが出来たら、

ロールプレイングコンテストの目的の7割は達成したに近いと思います。

ロールプレイングコンテストの企画のご相談はこちらから

 

優秀なスタッフのテクニックやナレッジの横展開の場

data

ロールプレイングコンテストの2つ目の目的は、

優秀なスタッフのテクニックやナレッジの横展開です。

 

優秀なスタッフは、どんなトーク展開を行いながら、顧客に価値を提供しているのか。

具体的に何を伝えて、何をヒアリングして何を引き出しているのか。

そんな現場の優秀なスタッフの知識や経験、テクニックは誰もが知りたいことです。

特に企画部門やご担当者、人材育成の担当者などは喉から手が出るほど欲しいもの。

これらを抽出するのにもロールプレイングコンテストは有効です。

 

横展開をしていく為の一つ大きな関門は、

参加人数にあります。店舗展開をしていたり、全国に拠点がある場合などは、

なかなか全社員や全スタッフが集合することは難しくなってきます。

現場の営業を止める訳にも行きませんし、全員の交通費を負担するのにもコストインパクトが大きくなってしまいます。

そこで、まずこの参加に対するハードルをクリアするのが、中継です。

各拠点、各デバイスなどで視聴できるような環境を作ってあげましょう。

今、Ustream配信やyoutubeliveなど配信方法は多々ありますので、この辺りを駆使ししてまず、視聴者を増やしていくことは

大事なことです。

※参考記事はこちらから

 

ロールプレイングコンテストは、やはりリアルで視聴することで感動やリアルな息遣いが伝わるものでもありますので

横展開をしたい階層、年次、スタッフ層などを見極め予算を割いていくことも戦略的に考えるポイントかもしれません。

 

横展開を意識する時には、お客様役も重要です。

お客様役の設計で接客は良くも悪くも変わっていくものです。

均一的なロールプレイングコンテストにするにも、良い接客、パフォーマンスを引き出すためにもお客様役をプロにお願いするという

事も選択肢としてあります。

プロの役者さんをご用意し、事前に設定をレクチャー。

プロはやはり、役になりきる事、会話もプロですので、しっかりとパフォーマンスを引き出すことが可能になります。

ロールプレイングコンテストの役者の相談はこちらから

 

忘れてはいけない、記録映像

growskirokueizou

そして最後は忘れてはいけない記録映像です。

横展開の際に重要になるのが、素材となる接客の際の映像です。

映像は、しっかりと記録として残すことで、のちに教材として活用が出来ます。

接客の良いところを切り取って編集したり、音声をテキストにお越し教材にしたりなど。

使い方は様々です。

その際に気を付けるポイントは、映像の取り方です。

ロールプレイングコンテストで大事なのは、表情だったり、音声が大事だったりします。

通常の固定のカメラだけですと細かい所作まで抑えるのは、難しい為、舞台の上手、下手にカメラを2台設置し

撮影することをお勧めします。

ロールプレイングコンテストの際は、舞台上でキャストが左右に動きますので、各方面から撮影できるように

2台設置してみましょう。

また、音声もしっかり取る為に、ヘッドセットやピンマイクなどを設置し音声もきれいに取る事をお勧めします。

記録撮影のご相談はこちらから

 

いかがでしたでしょうか?

ロールプレイングコンテストのポイントをお伝えさせて頂きました。

コンテストは上手に活用するととても人材育成にとって武器になります。

是非、丁寧に設計し活用していきましょう。

 

growstoiawase

◆◆◆GROWSイベント・研修実績を公開中◆◆◆

growsebentresults

定額パッ◆◆◆業界初の社内表彰式定額パックプラン登場!◆◆◆

growshyoushousikiteigakuplan

定額パックプラン

社内イベントサポートの申込みの流れ

①お問い合わせフォームよりご連絡ください3。
弊社営業担当よりご連絡させて頂きます。
②お打ち合わせ
御社の抱える課題感、悩み事なんでも聞かせてください。
③ご提案
お打ち合わせ内容を基に企画書を作成させて頂きます。
御社の課題を解決する企画をご提案いたします。
④制作
お打ち合わせ内容を基に、企画制作をサポートさせて頂きます。
定期的にお打ち合わせやお電話、メールでのコミュニケーションを
取りながら、進めていきます。
マスターのスケジュールに基づいて制作を進めていきますのでご安心ください。

社内研修・社内イベントをデザインいたします。
現在の社内研修に満足されていますか?

「参加者の理解度が上がらない」

「参加者の満足度が低い」

等の社内研修・社内イベントのお悩みはございませんでしょうか?

GROWSでは、社内で実施している研修・イベントの再デザインもサポートさせて頂いております。

数多くの社内イベントで培った演出、見せ方から、どうすれば参加者の心に届くのか、理解してもらえるのかを御社の研修の中にエッセンスとして融合いたします。

例えば、

☑研修・イベントに映像を導入したい
☑ワークショップの最後にプチ表彰式をセットしたい
☑スライドの制作をデザインしたい
☑スマホやタブレットなど最新の技術を使いたい
☑運営の質を上げたい
このような課題も含めてサポート可能です。是非ご相談ください。

growstoiawase

◆◆◆GROWS Magazine~最新の会社行事・社内イベント情報をお送りしています~◆◆◆

growsmeailmagazine