クリアの法則は目標設定を上方修正し続けよ!そして〇〇にビビるな!


2015年8月1日から新卒採用が公にスタートしました。

リクルートスーツに身を包んだ学生が町にはこれから多くなっていくでしょう。

学生にとって就職というのは、学生時代という一つのステージを飛び出しチャレンジです。

p1img02

今いる場所を飛び出して、全力でチャレンジすることは

時に辛く、苦しく、大変なこともありますが、とても楽しいものです。

そして、自分で選んで挑むこと、それ自体に大きな喜びがあるのです。

一度くらいは経験あると思いますが、何か自分で決めて行動するときってワクワクもしますし、不安もあるしの葛藤が続きますね。

20150103012119

その時、大事になるのは「目標設定」です。

高過ぎる目標はかえって自分を追い詰めますし、低過ぎる目標は自分を鼓舞できません。

ですから、適切な目標を設定しながら、そこに近付く度に、「上方修正」する

というのが最適です。

arrows-399970_640

例えば、「ある企業で部長を目指す」を目標にして、

課長になってある程度の評価を達成したら

目標を「本部長になる」に引き上げます。

そして、部長に昇格したら、「社長」を目指します。

 

おそらく、こういった思考を常に繰り返している人は、収入などに感じる価値は少なくなり、

ベクトルを「自己成長」や「他者への還元」に変換します。

 

私の場合は、「起業する」をクリアし、

「クライアント企業から感謝されるインナーブランディングカンパニーとして成長し、人が成長するきっかけを提供し続けること」

に向かって歩んでいる最中です。

Vision Road Sign with dramatic blue sky and clouds.

このように目標を上方修正する過程で、あなたの可能性を大きく切り拓くためには、

日本の常識に縛られないことが大切です。

 

そして、叩かれることを極端に恐れないようにしましょう。。

目標を達成するためには意識の高さこそが、かけがえのない武器になるからです。

自分の心を見つめ、周囲の方への感謝を忘れず、適切にベクトルを変換することも上方修正の一環だとお考え下さい。