チームワークがUP!チームビルディング企画コンテンツ【ナイトウォーキングチャレンジ】


会議や研修などで使えるチームビルディングコンテンツをご紹介いたします。

ある程度互いを知った同士や、同じ目的で集まった物同士が共同作業を通じてチームの一体感や価値を感じてもらう事が

出来ます。

大きなプロジェクトのキックオフや、研修、合同合宿などで効果を発揮するかもしれません。

このコンテンツはご存知の方も多いかもしれませんね!

 

ナイトウォーキングチャレンジ

  • 人数   無制限
  • 所要時間 ∞
  • 備品   動きやすい服装・その他ゼッケンなどの必要備品・運営部隊

 

 

ナイトウォーキングチャレンジというチームビルディングをご存知でしょうか?

決められた拠点から決められた拠点へ走るのではなく、歩きながらゴールを目指します。

基本的には歩いてゴールに向かうだけなのです。歩くという行為は走るという行為よりも容易に受け入れられやすく、

多くの人が参加しやすいチームビルディングです。

大人数の場合は数名毎チームになってもらい出発してもらいます。

全員が一斉に出発してしまうと運営上混乱もありますので、決められた時間ごとに出発していくのが良いかと思います。

動くのが得意な人も苦手な人もいる中ですので、チーム内で声を掛け合い助け合いながら前に少しずつ進む姿は、

最高のチームビルディングとなります。

42.195キロを設定した場合大体、夜中歩くとほぼ明け方までかかるかと思います。

夜間の実施の為、保護者の理解と同時に運営を安全に行うことがマスト事項となります。

イベントを安全に運営する為には、イベント会社に相談するのが良いと思います。(もちろん弊社でもお受けします。)

イベント運営に最低限必要と考えられるもの

 

  • ☑運営実施マニュアル
  • ☑運営スタッフ(中継地点やゴール地点のスタッフ)
  • ☑事務局スタッフ(緊急時の対応)
  • ☑AEDや蛍光のゼッケンなどの運営備品

 

この辺りは必須になるかと思います。

少し手のかかるチームビルディングですが、

「ナイトウォーク」と検索すると多くの実施例が出てきます。

中学校や大学、企業の内定者研修、新卒研修などで多く取り入れられています。

全員でゴールした時の達成感は何にも代えることのできない大切な思い出と学びの場となります。

全員でやりきるを実感してみてはいかがでしょうか?

nightwalk

 

社内研修をデザインいたします。
現在の社内研修に満足されていますか?

「参加者の理解度が上がらない」

「参加者の満足度が低い」

等の社内研修のお悩みはございませんでしょうか?

GROWSでは、社内で実施している研修の再デザインをサポートさせて頂いております。

社内イベントで培った演出、見せ方から、どうすれば参加者の心に届くのか、理解してもらえるのかを御社の研修の中にエッセンスとして融合いたします。

例えば、

☑研修に映像を導入したい
☑ワークショップの最後にプチ表彰式をセットしたい
☑スライドの制作をデザインしたい
☑スマホやタブレットなど最新の技術を使いたい
☑運営の質を上げたい
このような課題も含めてサポート可能です。是非ご相談ください。

社内イベントで解決いたします。
GROWSでは、様々な形で組織形成のサポートをさせて頂いております。

社内イベントを組織課題解決の一つのソリューションとして考え、様々な場面の企画ご提案をいたし舞う。

例えば、社長の一方的なプレゼンになってしまいそうなイベントでは、敢えて相互シナジーを起こすような企画コンテンツを。

また、会場選定においてもコミュニケーションを取りやすくなるような会場選定を行っています。

懇親パーティーなどでは、社員の方同士がタテヨコナナメの組織を意識できるように企画プロデュースを行っています。

社内イベントに課題を感じている企業様は是非、ご相談ください。

growshyoushousiki1

GROWSでは企業内チームビルディングをサポートいたします。

弊社では、企業内組織をスクラムを組めるように、チームビルディングを展開しています。

ただの研修ではなく、「楽しく、面白く、そして効果を発揮する」。

「仲間と働く」事に価値を見出し、より発展的な企業をサポートしていきたいと考えています。

お悩みの企業様。ご担当者様は一度ご相談ください。

事例等もございますので、ご紹介させて頂きます。

growstoiawase

◆◆◆GROWS Magazine~最新の会社行事・社内イベント情報をお送りしています~◆◆◆

GROWS Magazine
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
 
Powered by メール配信システム オレンジメール