前に行けない人はこれも一つの解決。知ると行うの逆転的思考


チャレンジという言葉の裏側には、必ずリスクがあるものです。

野球でいうところの攻撃と守りにも似ている部分があり、攻めながら守ることが出来ないように、

守りながら攻める事はできません。

ball[1]

人は、新しいものに触れた時、まずは、そのすべてを「知って」から、「行う」と考える方が多いです。

つまり、頭ですべてを理解してからでないと、行動できないということです。

物事を理路整然と考える方が多いのかもしれません。

社会の中に変化が少なかった時代は、それでも生き抜くことができました。

PIC-20130513171756

しかし、あらゆるものの変化が劇的にスピードアップしている現代、「知る」ことを重んじ過ぎると、

いつまでも「行う」ことができません。

そして、そこから得られるはずの成果が、手に入らなくなってしまうのです。

皆さんの周りにも、色々いうけど行動に起こせない方っていませんか?

考えすぎると必要以上の情報が入ってきてしまい、選択が出来なくなっていく方がいます。

 

中国の思想家、王陽明は、このように語っています。

人は知と行を二つに分け、

まず知るということがなければ、行うことができないと考える。

そして、知ることを先にして、知ってから行おうとする。ために死ぬまで何事も行わず、また死ぬまで何も知らない。

Challenge2008
「知る」→「行う」だけでは、

人生を変えることはできません。不安や恐怖を乗り越えて、

「行う」→「知る」と、「知る」と「行う」を逆転し、

先に行動する意識を持つことが大切です。

 

もちろん、何も知らずに行えば、想定外のトラブルは有り得ます。

しかし、そんな「かすり傷」を恐れていたら、この激動の時代を生き抜くことはできません。

知って行い、行って知る。この両方があることで、人は大きく伸びるということですね。

F7396_main-thumb-610xauto-400

「やってみもせんで、何がわかる?」本田宗一郎も言う通り、

人生を、社会を変えるために、私達は常に、「行う」ことを重んじていきたいですね。

議論は大事ですが、議論をしすぎることは決断をしないことになり、結局物事が進まない原因になります。

 

気になったら聞いてみる。いいと思ったらやってみる。やってみるから気づく。気づくから改善がある。

一つでもチャレンジしてみることが前に進むただ一つの要素ですね。

 

growstoiawase

◆◆◆GROWSイベント・研修実績を公開中◆◆◆

growsebentresults

社内イベント・研修サポートサービスの申込みの流れ

①お問い合わせフォームよりご連絡ください3。
弊社営業担当よりご連絡させて頂きます。
②お打ち合わせ
御社の抱える課題感、悩み事なんでも聞かせてください。
③ご提案
お打ち合わせ内容を基に企画書を作成させて頂きます。
御社の課題を解決する企画をご提案いたします。
④制作
お打ち合わせ内容を基に、企画制作をサポートさせて頂きます。
定期的にお打ち合わせやお電話、メールでのコミュニケーションを
取りながら、進めていきます。
マスターのスケジュールに基づいて制作を進めていきますのでご安心ください。

社内研修・社内イベントをデザインいたします。
現在の社内研修に満足されていますか?

「参加者の理解度が上がらない」

「参加者の満足度が低い」

等の社内研修・社内イベントのお悩みはございませんでしょうか?

GROWSでは、社内で実施している研修・イベントの再デザインもサポートさせて頂いております。

数多くの社内イベントで培った演出、見せ方から、どうすれば参加者の心に届くのか、理解してもらえるのかを御社の研修の中にエッセンスとして融合いたします。

例えば、

☑研修・イベントに映像を導入したい
☑ワークショップの最後にプチ表彰式をセットしたい
☑スライドの制作をデザインしたい
☑スマホやタブレットなど最新の技術を使いたい
☑運営の質を上げたい
このような課題も含めてサポート可能です。是非ご相談ください。

growstoiawase

◆◆◆GROWS Magazine~最新の会社行事・社内イベント情報をお送りしています~◆◆◆

growsmeailmagazine