周年イベントのプロが伝える!企業の節目に実施する周年記念イベントで組織を活性化するポイントの紹介~第2回~


第1階から続く、周年イベントのプロが伝える。周年記念イベントを活用して

組織を活性化するポイントの第2回です。

前回は、周年記念イベントの成功のポイントは、

☑何を達成したいのかの意思を統一すること

☑組織横断型で巻き込む

growscommunication

ということをお伝えさせて頂きました。

一つ目の、何を達成した以下の意思を統一することに関してです。

まず、おそらく多くの場合、この記事を読んでいる皆様は、担当者に任命されたのではないでしょうか?

 

意志の統一といっても、まず何から手を付けたらいいのか・・・。

というのが正直な所であると思います。

まずは、全体のスケジュールを作成してみましょう。

今日を起点に、当日までに何をやらなくてはいけないのかの大枠を作ります。

growsscheduleevent

例えば、このようなものです。

これは他社実績の物ですので、少し時間軸がタイトなパターンかもしれません。

また企画がふわっとしている場合には、いつ頃までに企画を決めるのか、当日のプログラムを決めるのか、

いつ頃から社内広報していくのかなどをざっくりとイメージしてみましょう。

詳細のタスク表がご希望の場合はこちらからお問い合わせください。

 

色々と動く前に、大枠のスケジュールを作ることが何より先決です。

さぁ、いよいよ意志の統一を図っていきましょう!

 

企業によって様々な形の合意形成、意思形成の仕方があると思いますが、

まずは社長や、意思決定者の意向を聞いてしまうのが最もスピード感をもって企画を進めることが出来ると思います。

growssyatyouhearing

最初にしっかりとヒアリングを行いましょう。

ヒアリングする時のポイントは、「音声」もダビングしておきます。

その後の企画を考えていく際に、音声を文字にお越し再度確認したり、企画に分解したりと可活用の幅が広がっていきます。

意外と抜けがちなのですが、大事なポイントでもありますね。

 

プロジェクトメンバーの招集です。

社内でプロジェクトメンバーをアサインしていきます。。

各役職、階層、年代、性別、様々な方をなるべく選出していくことが、良い周年イベントを作り上げるポイントです。

その人選をする際には、もちろんその上司の方にも筋を通します。

変なしがらみが発生しないように根回ししておくこともお忘れないようにしましょう。

そして、周年イベントを行う場合、我々のようなイベント会社にお願いするケースもあります。

この際もギリギリの相談よりは、なるべく早めにアサインしてしまい、

巻き込んでしまうことをお勧めします。

 

私たちが言うのも変な話かもしれませんが、

早めに巻き込んでしまっても、ギリギリでも費用は変わらないケースが多いです。

それならば、早めに巻き込んでしまって、当事者意識や業務分担を時間があるうちに行っていった方が得策です。

なにより、ナレッジがたくさんありますので、進める上でのアイデアもたくさん提供することが出来ると思います。

growshyuoshousiki4

 

最後に、事前の巻き込み策のご紹介

長くなりました。

今回は最後に事前の巻き込み策のアイデアをご紹介させて頂きます。

☑社内報(ベタではありますが、最も効果的です)

☑リマインドメール

☑動画CM(映画の予告のようなイメージも面白いですね)

☑当日のプログラムに、楽しみ要素を入れておき小出しに紹介

☑社内掲示ポスター

☑社内アンケート(懇親会企画などを皆から募るのも〇)

☑ロゴマークの制作

☑企業理念の見直し

☑評価制度・表彰制度の見直し

等・・・

事前の巻き込み策などの事例に興味のあるご担当者様は、是非ご相談ください。

 

 

growstoiawase

◆◆◆GROWSイベント・研修実績を公開中◆◆◆

growsebentresults

定額パックプラン

◆◆◆業界初の社内表彰式定額パックプラン登場!◆◆◆

growshyoushousikiteigakuplan

定額パックプラン

周年記念イベントサポートの申込みの流れ

①お問い合わせフォームよりご連絡ください3。
弊社営業担当よりご連絡させて頂きます。
②お打ち合わせ
御社の抱える課題感、悩み事なんでも聞かせてください。
③ご提案
お打ち合わせ内容を基に企画書を作成させて頂きます。
御社の課題を解決する企画をご提案いたします。
④制作
お打ち合わせ内容を基に、企画制作をサポートさせて頂きます。
定期的にお打ち合わせやお電話、メールでのコミュニケーションを
取りながら、進めていきます。
マスターのスケジュールに基づいて制作を進めていきますのでご安心ください。

社内研修・社内イベントをデザインいたします。
現在の社内研修に満足されていますか?

「参加者の理解度が上がらない」

「参加者の満足度が低い」

等の社内研修・社内イベントのお悩みはございませんでしょうか?

GROWSでは、社内で実施している研修・イベントの再デザインもサポートさせて頂いております。

数多くの社内イベントで培った演出、見せ方から、どうすれば参加者の心に届くのか、理解してもらえるのかを御社の研修の中にエッセンスとして融合いたします。

例えば、

☑研修・イベントに映像を導入したい
☑ワークショップの最後にプチ表彰式をセットしたい
☑スライドの制作をデザインしたい
☑スマホやタブレットなど最新の技術を使いたい
☑運営の質を上げたい
このような課題も含めてサポート可能です。是非ご相談ください。

growstoiawase

◆◆◆GROWS Magazine~最新の会社行事・社内イベント情報をお送りしています~◆◆◆

growsmeailmagazine