成功を決める進行台本!社内表彰式の台本づくりのポ イントは?具体例も紹介

成功する表彰式は、台本作成に秘訣があります。台本があることで進⾏の安定性が保たれ、

またスタッフ全員が⼀体となってイベントを成功させるための⼤切な⼿引きになります。

しかし、初めて表彰式の台本を作成するとなると、どのように進めればよいのか、

何を気をつけるべきなのか、お悩みではないでしょうか。

この記事では、まずは表彰式の台本の役割、進⾏の流れや台本の具体例について詳しく説明します。

 

表彰式台本とは?

台本は表彰式の進⾏を⼀元的に管理し、円滑にイベントを進⾏させるための重要なツールです。

表彰式だけでなく、どんな企業イベントにおいてもその重要性は変わりません。

ここでは、表彰式の台本の役割と意義を詳しく解説します。

 

 

⼀貫性と進⾏の流れを保つ

台本は全体の流れを⼀貫性ある形で組み⽴てるためのツールです。それにより、

参加者や関係者は次に何が起こるのかを予測することができ、イベントの進⾏がスムーズになります。

 

メッセージを伝える

表彰式では、企業の価値観や⽂化を⽰す重要なメッセージが伝えられます。

台本を通じて、これらのメッセージが的確に伝わるように事前に計画しておくことが重要です。

また事前にセリフを決めておくことで、参加者に何を伝えたいかを明確にしておくことができるので、

安⼼して当⽇を迎えることができます。

 

他スタッフと連携する

他のスタッフと連携するために台本は⽋かせません。また、台本に記載された内容に従うことで、

さまざまな要素を適切なタイミングで実⾏することができます。。

⾳楽、照明、発表、スピーチなど、すべてが連携して動くことが表彰式の成功を左右します。

 

 

表彰式の流れとそのポイント

具体的な表彰式の流れを元に、進⾏上のキーポイントと注意点を解説していきます。

 

表彰式の基本的な流れ

質の⾼い台本を作るためには、まず表彰式の基本的な流れを理解することが⼤切です。

 

開会の挨拶

表彰式の最初は、主催者や会社の代表者による開会の挨拶から始まります。

これは表彰式の⽬的や意義を共有し、参加者の気持ちを⼀つにまとめるための⼤切な時間となります。

 

受賞者の紹介と表彰状の授与

次に、表彰される者の成果や業績について紹介し、その後で表彰状を授与します。

これは受賞者の努⼒を認め、その⼈物を会社全体で称えるという、表彰式の主な⽬的を果たすメイン企画となります。

 

受賞者のスピーチ

受賞者が受賞に対する感想や今後の抱負を述べるスピーチの時間があります。

これは他の社員にとっても学びや感動を得る機会となります。表彰式のメインとなりますので、

たっぷりと時間をとり、⾳楽や効果⾳などで感情的に盛り上がるように⼯夫しましょう。

 

閉会の挨拶

最後に再度主催者や会社の代表者が登壇し、閉会の挨拶を⾏います。

これはイベントを締めくくるとともに、参加者への感謝の意を⽰す⼤切な時間となります。

改めて参加者への感謝や受賞者への賛美、さらに社員を⿎舞するメッセージを伝えることが、

感動的で印象深い表彰式を創り出す秘訣となります。

 

進⾏のキーポイント

表彰式の進⾏や企画を決めていく中で、以下の点を特に注意していきましょう。

 

 

明確な⽬的とメッセージ

表彰式の⽬的と、伝えたいメッセージを明確にしておきましょう。

これは映像の構成を決める際と同じく、台本制作でも重要です。社員を励ますためのメッセージなのか、

成果を評価するためのメッセージなのか、そのメッセージが透明性を持つことで、進⾏もスムーズになります。

 

綿密に計画する

最初に必要なのは、全体の流れを把握した綿密な進⾏計画です。この段階では、進⾏の流れやセリフ、

さらに効果⾳や⾳楽のタイミングもしっかりと決めておきましょう。

また予期せぬトラブルへの対応策も考えておくことが重要です。

 

具体的なイメージも決めておく

進⾏の流れだけでなく、具体的な企画の詳細や準備するものなどもしっかりと共有しておきましょう。

例えば挨拶を誰に依頼して、何分話してもらうかであったり、

ここではスライドを準備して業績を⽰すなど、進⾏をどのように演出するのかを事前に詰めておくことで、

スムーズな進⾏が可能となります。

 

社員の気持ちを⾼まる⼯夫をする

表彰式は、ただ業績を称えるだけでなく、社員全員の⼼を動かし、会社への気持ちを深める場でもあります。

したがって、創業者や成⻑を⽀えた⼈々の思い出話や困難を乗り越えたエピソードなどを交え、

表彰の意義を深く伝えることが必要です。

映像の場合は出演する社員の笑顔、オフィスの仕事⾵景など、具体的な要素を意識して台本に落とし込みましょう。

 

台本の作り⽅と実例

実際の表彰式で⽤いられた台本を例に、その内容と役割を詳しく解説します。

 

台本作成の基本ステップ

表彰式台本作成の基本ステップについて、以下に解説します。

 

内容の明確化

まず最初に⼤切なことは、伝えたい内容を明確にすることです。表彰式で何を⽬指し、

何を伝えたいのか。その答えがあいまいだと、スムーズな進⾏や強い印象を残す表彰式は難しいでしょう。

たとえば、表彰する⼈物やチームの成果を強調したいのか、

あるいは⼀緒に働く社員たちへの感謝の気持ちを主軸にするのか。

⽬的とメッセージを明確にすることが基本のステップとなります。

 

重要ポイントの選定

次に、表彰式で特に強調したいポイントを選定します。これは受賞者の功績、

困難を乗り越えたエピソード、それによって会社がどのように成⻑したかなど、

参加者にとって感動や共感を引き出せる要素を⾒つけ出す作業です。この部分が明確になることで、

台本作りがより具体的に進⾏します。

 

メッセージの優先順位付け

全てのメッセージを同等に扱うことは難しいです。

そこでメッセージの優先順位を設定しましょう。どの部分を強く伝えたいのか、どの部分を軽く触れるのか。

この優先順位によって、表彰式の全体像が⾒えてきます。

 

台本の例

具体的な台本例とその詳細な解説を⾒ていきましょう。

 

開会の挨拶

開会の挨拶は、全体の雰囲気を作り出す重要な要素です。
例えば、「皆様、本⽇はお忙しい中、この場にお越しいただき、誠にありがとうございます。本

⽇は、当社が誇る優秀な社員の皆様を讃える表彰式を⾏います。」というように、

社⻑や役員が出席者に向けて⼀⾔、感謝の気持ちや表彰式の意義を伝えます。

 

表彰の流れ

受賞者の名前とその功績を読み上げ、ステージ上で賞状やトロフィーを⼿渡します。

「次に、今年度の最優秀社員賞に輝いた〇〇さんをご紹介します。

〇〇さんは、この⼀年間、業績向上に寄与する数々の提案を⾏い、我々の⼼を⿎舞しました。」

のように、表彰される⽅のエピソードを織り交ぜると、より印象的に伝えられます。

 

受賞者の⾔葉

受賞者⾃⾝が⼀⾔、感想や今後の抱負を述べる時間を設けます。

「このような素晴らしい賞を頂けて光栄です。これからも皆様と共に、会社のさらなる発展を⽬指してまいります。」など、

受賞者の声を直接聞くことで、他の社員にも感銘を与え、刺激を与えることが可能となります。

 

閉会の挨拶

最後に、再度役員が登壇し、表彰式の締めの⾔葉を述べます。

「本⽇は、皆様の素晴らしい実績と努⼒を讃えることができ、⼤変光栄でした。これからも引き続き、⼀緒に頑張って参りましょう。」と表彰式を閉じます。

 

進⾏役の指⽰

全体の進⾏を司る司会者が、各タイミングで指⽰を出すような記述も必要です。

「次に、最優秀社員賞の表彰に移ります。プロジェクトリーダーの◯◯さんお願いいたします。」のように、

進⾏役が明確に指⽰を出すことで、全体の流れがスムーズに進みます。

 

台本作成の注意点とアドバイス

ここでは、台本作成におけるよくある間違いと、スムーズに台本を作成するためのコツを、具体的に解説していきます。

 

台本作成でのよくある間違い

表彰式台本作成においては、以下のような間違いがよく⾒受けられます。

 

明確なメッセージがない

台本の中に表現したいポイントが曖昧だと、式全体の流れがぼやけ、参加者に深い印象を与えることができません。

企業の理念や、表彰する対象者の功績を強調するメッセージを明確に持つことが重要です。

 

情感を伝える要素が不⾜している

表彰式は、単に業績を伝えるだけでなく、受賞者の努⼒や想い、

企業の評価基準を感情的に共有する場でもあります。

そのため、例えば、受賞者のコメント、背景ストーリーなど情感を含めるための要素が不⾜していると、

表彰式は単調になりがちです。

 

優先順位が決まっていない

表彰式でも伝えたいことは多いでしょう。

しかし、すべてを⼀度に詰め込もうとすると、内容が散漫になり易いです。

そのため、メッセージの優先順位を決め、それに従って台本を作成することが求められます。

 

まとめ

表彰式において台本は成功を左右する重要な役割をもちます。台本にはセリフだけではなく、

進⾏の流れや⾳楽や効果⾳のタイミング、もしものトラブルの対処法など想定されることはすべて盛り込むようにしましょう。

その上で、表彰式において最も⼤切なことは社員⼀同の絆を深めて、

感情を込めて受賞者を祝福することです。

台本を作成する段階から、どうすれば社員の感情を⾼めることができるのか、

どうすれば受賞者の功績を印象的に伝えることができるのか、具体的に本番をイメージしておきましょう。

そうすることで、帰り道に「今⽇の表彰式よかったね!」

「◯◯さん、あんな努⼒して最⾼成績取ってたんだね。すごいね。」

と社員から⾃然と表彰式を振り返る⾔葉が聞けるような会にすることができるでしょう

 

社内イベントの課題解決と企画提案ならお任せください

 

社内イベントをもっと良くしたい。もっともっと成長の機会にしたい。

マンネリ化してしまっているなどの、ご相談は是非GROWSまで。

よろしくお願いします。

 

growstoiawase

 

GROWS

GROWS

    会社名 (必須)

    お名前 (必須)

    電話番号 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お問い合わせ内容(必須)