社内イベントでも活用可能。無料で使えるおすすめWEB会議システムの紹介。


今回は、需要の高まっている無料で使えるWEB会議システムをご紹介いたします。

最近WEB化への取り組みが加速したり、オンラインでのやり取りに移行しつつあります。

その流れは社内イベントも変わらずあり、今後は人が集まるということは、かなり特別な1日となっていくことが想定されます。

 

WEB会議システムのご相談を多く頂くので、情報を整理させて頂きました。

 

 

WEB会議システムとは何?

WEB会議システムとは、インタネット回線を使い音声や動画、fileの共有などをリアルタイムで沿革の方の繋ぐシステムです。

テレビ会議とは若干意味合いが違うのですが、WEB会議はあくまでもインターネット回線を使っています。

インターネット回線を使うため、環境によって不安定さが発生したりしてしまうこともあります。

ただ、テレビ会議とは違い、安価であったり、無料であったりしますので是非まずは使ってみたいという方にはお勧めです。

 

 

 

始めるにあたって用意すべきアイテム

WEB会議を始めるには、ネット環境、マイク環境、カメラがあればOKです。

大きなシステムや機材は必要ありません。

カメラもPCについているWEBカメラだけでも実施可能です。

なので、ノートPC1台あれば実現可能です。簡単なになりましたよね。

おそらく数年前までは、テレビ会議システムを使わないとできなかったことが、WEBを介して出来るようになりました。

まだ若干不安定さはありますが、これから5Gの登場などでさらに改善されていくことは言うまでもありません。

もっと便利になりますね。

 

必要なもの

  • PC
  • WEBカメラ(内臓でOK)
  • マイク(内臓でOK)
  • インターネット環境

 

社内イベントなどでWEB会議を行う際には、カメラやマイクはPC内蔵のものだとなかなかうまく演出できないので、注意が必要です。

詳しくは、こちらの記事で紹介していますので、ご確認ください。

 

関連記事:画面越しでも届けたい。WEB配信・オンライン表彰式のテクニックをご紹介

 

関連記事:オンライン開催でもコミュニケーションを忘れない。オンライン社内イベントの仕掛け方

 

 

 

無料版と有料版の違い

ほとんどのサービスには、無料版と有料版があります。

今市販されているパソコンはおそらくカメラもマイクも内蔵されているものがほとんどなので、インターネット環境あればすぐできるでしょう。

 

無料のものと、有料のものの理解ししておきましょう。

 

 

 

無料版

ほとんどの場合、システムの利用に制限がかかっています。例えば使える人数、時間などある上限までしか使えなくなっていたりします。

また広告がついていたりと、無料ならではの制約があります。

ここは無料なので割り切っていくか、有料に切り替えるかのポイントになります。

 

 

有料版

プランにもよるかもしれませんが、全ての機能を使うことが可能になります。

無料版で物足りなかったり、継続して使用したりしたい場合には有料版に切り替えていくのが良いでしょう。

いきなり有料版に契約すると、予定と違った。などとなりやすいので注意をしましょう。

 

 

 

Googleハングアウト

 

https://hangouts.google.com/

 

Googleが提供しているツールです。

1対1の通話だけでなく、最大で10名までのグループでの会話が可能です。

gmailのアカウントがあれば無料で始められますので、とても簡単です。

個人間のやり取りにも向いています。

 

双方向での動画によるコミュニケーションとファイルの共有などもGoogleドライブを使ってできるのでまず初めに取り組んでみるには良いかもしれません。

 

 

Skype

 

 

https://www.skype.com/ja/

 

ビデオ通話の先駆者的なサービスなので、ご存知の方も多いはずです。

こちらもいろいろと進化していまして、1対1だけでなくグループでも通話可能です。

画面共有のシステムも導入されているので、資料を見せながらの会話などにも向いています。

画面共有を使えば、プレゼン資料を見せながらの会話や、動画の視聴なども沿革でも可能になりますね。

 

 

 

Chatwork

 

https://go.chatwork.com/ja/

 

チャットツールとしては有名なツールです。

実はチャットワークでもビデオ通話が出来ます。

是非、チャットワークを日ごろ使っている方は試してみてください。

 

 

 

zoom

 

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

こちらも使っている企業は多いのではないでしょうか?

無料でも使うことが出来ます。ただしグループの場合は40分間という制限時間です。

WEB会議は要点を絞って40分程度で終わることも効率化の一つですので、試してみてるのはありですね。

ちなみに、WEB会議でダラダラしないポイントは、アジェンダで時間を切ることです。

 

 

 

youtube

 

https://www.youtube.com/

 

皆さんご存知のyoutube。

WEB会議のシステムではありませんが、配信だけであればyoutubeでも実施可能です。

限定配信を行えば、限られた人だけで共有が可能になります。

 

 

WEB会議システムはフル活用しよう

今回は便利なツールをご紹介させて頂きました。

これらツールは無料でも使うことが出来ますので試してみるとよいかと思います。とても便利な世の中になってきたと思います。

時間的効率を高めたい、電話では伝えられないビジュアルの情報を共有したいなど、使い方は多種多様です。

もちろん、社内の表彰式などのイベントでの活用も可能です。

離れた沿革の方にも情報を届ける手段として、今後も活躍していくでしょう。

 

 

 

社内イベントの課題解決と企画提案ならお任せください

 

社内イベントをもっと良くしたい。もっともっと成長の機会にしたい。

マンネリ化してしまっているなどの、ご相談は是非GROWSまで。

よろしくお願いします。

 

growstoiawase

GROWS

GROWS

growstoiawase