社内イベント企画担当者なら知っておきたい。イベントに消極的な参加者の目を向けさせる究極の方法


社内イベントを企画する場合、対象となる参加者の意識を十分に斟酌して企画する必要があることはわかっていても、ほとんどの場合、それが身内のような社員であるがゆえに、ひとくくりで考えてしまう傾向にあります。

どうゆうことかと言いますと、参加対象者の中には、人と話すことが苦手な人、コミュニケーションをとることが億劫な人、という人が必ずいます。

こういった人を、その他大勢の参加者と同じ括りにしてしまうと、人と話すことが苦手な人、コミュニケーションをとることが億劫な人からすれば、社内イベントは苦痛でしかありません。

参加者の過半数が満足してくれればそれでいい、という考えでは成功とは決して言い難いですし、その状態が継続すればするほど参加者は「マンネリ化した企画」「一部の人のための企画」というレッテルを張られてしまうことになるでしょう。

大切なことは、イベントに消極的な人にも魅力が感じられるように目を向けてもらえるような企画をし、その目線でアピールしていくことが大切なのです。

●消極的な参加者の考えや意見を知る

人と話すことが苦手な人、コミュニケーションをとることが億劫な人、というイベントに消極的な人を否定することはできません。

人間には、それぞれの考えや個性があるわけですから、そのような人に対し非協力的と言ってかたずけてしまうことなど、イベント担当者でなったのであればあってはいけないことです。

ではどうすればよいか?

まずそのような人と個別で意見を伺うことからはじめてみてください。

「今度社内イベントの企画担当者になったけど、○○さんの意見を聞きたいです」
「○○さんは、どんなイベントだったら参加したいと思いますか?」
「○○さんが私のような企画担当者だったらどうしますか?」

あくまでも一例ですが、個別相談を持ち掛けて意見をヒアリングしてみてください。

最初はなかなか難しかもしれませんが、すぐに明確な回答が得られなければ『次回まででいいので簡単に意見や考えをまとめてぜひ聞かせてください』と必要以上に質問したりせずやんわりと投げかけてみてください。

そうして得られた意見や考えは、イベント企画者にとっては新たな視点であることが多く、目から鱗の内容である場合があります。

●個別のコミュニケーションを取る

イベントの企画段階から、企画内容やコンセプトといった点をヒアリングし個別でコミュニケーションを取っておくことも一つの方法です。

本来であれば、イベント参加に消極的な人が企画メンバーに入ってくれればいいのですが、得てして集団になると自分の意見をあまり主張しないこともあるので、個人的なヒアリングを通じてアドバイスをもらう、という感覚で進めていくことが望ましいです。

こういった個別コミュニケーションを企画段階から何人か取ることで、イベント参加に消極的な人の考えが見えてきます。

主なものは、面倒くさい、騒がしいことが苦手、人と接することが得意ではない・・・といったことが多いようですが、どのような内容であれば興味があるか?という点を雑談を交えながらヒアリングしてみてください。

ゲームのような遊び感覚の内容がいい、
テーブルマジックを間近で見てみたい、
お笑い芸人のステージのようなものであれば、

日程や予算によって実現可能かどうかという問題はあるものの、参加に消極的な人にも関心や興味があり、それを知ることは企画担当者としてでなく、一人の人間としても大きな成長へとつながります。

こういった人たちと個別で積極的にコミュニケーションが取れれば、イベントそのものへの関心も必然的に目が向きますし、要望が実現できなかったとしても協力者としてイベントを、そしてあなたをサポートしてくれることでしょう。

イベントに消極的な参加者の目を向けさせる究極の方法とは、とりもなおさずそういった人にまず目を向け、耳を傾けることから始まります。

社内イベントはコミュニケーションの場

 

社内イベントは、メッセージが伝えやすい最高の場面です。

この機会を活用しないことはないので、是非有効活用してみましょう。

GROWSでは、今回ご紹介しきれなかった社内イベントの企画コンテンツを多数そろえております。

是非、企画に悩んだり、もう少しグレードアップさせたいなどのご要望の際には、ご相談ください。

 

GROWSの展開する社内イベントコンテンツサイトはこちらから

 

社内イベントは、社内のコミュニケーションの質を向上させたり、チームワークの醸成。

愛社精神やロイヤリティなどを向上させる一つの施策に当たります。

このイベントは、「何故行っているのか?」「何を成し遂げたいのか?」

次のステップではどのような世界を描いているのかを考えることがとても大事です。

 

社内イベントを開催することで、何が動き出し、何がちょっと変わるのか?

是非、よく考えて企画してみてはいかがでしょうか?

 

社内イベントをもっと良くしたい。もっともっと成長の機会にしたい。

マンネリ化してしまっているなどの、ご相談は是非GROWSまで。

よろしくお願いします。

growstoiawase

 

 

GROWS

growstoiawase