社内懇親会で大活躍!利きうまい棒選手権で会場内は大盛り上がり?


社内イベントで一番困るのは、懇親会の企画ではないでしょうか?

会社の期初などに行うキックオフイベントなどでは、懇親会がセットとなるケースが多くあります。

この時、もちろん式典部分での企画は大事な要素です。

しかし、懇親会の方が頭を悩ませるケースが多いのです。

 

いつもビンゴゲームじゃ味気ない!

困ったらビンゴゲーム。というほどビンゴゲームは王道です。

大人数でも少人数でも楽しめるビンゴゲームは、多くのイベントで活用されているのではないでしょうか?

しかし、いつもビンゴゲームでは参加者は飽きてしまうのも事実です。

また、ビンゴか・・・。

そんな声が一言でも聞こえたら、黄色信号です。

違う企画を考える必要があります。

 

なぜ、同じ規格を続けることが黄色信号なのか。

それは、同じ企画を繰り返すとイベントがマンネリを起こします。

起こしたマンネリは、参加者の参加意欲をそぎます。

削がれた参加者意識は、会社への愛社精神・ロイヤリティの低下を招きます。

結果的に、離職につながったり、労働の意識へと悪影響すら発生してしまう可能性があります。

 

離職による見えない社内コストを考えてみる。

さて、ちょっと話の筋を変えまして、離職によって発生している見えないコストということを考えたことが

ありますでしょうか?

例えば、採用単価30万円の会社の社員の方が年間20名退職してた場合の会社に与えるコストは、▲600万円の利益に

相当します。

もっと、大きな企業でスト、年間50名退職していたとします。年間▲1500万円の利益に相当する額が失われています。

中途入社の方など、紹介会社を使った場合お一人単価100万円以上だったりするので、特に利益に対するインパクトは、増大です。

利益率5%の会社が、600万円の利益を出そうと思うと、1億②000万円の売り上げが必要になります。

とても大きな売り上げですよね。

それくらい一人の社員にはコストがかかっているのです。

一人の退職が与えるインパクトをご紹介させて頂きました。

 

利きうまい棒選手権のご紹介

さて、離職に関する話の次にいきなり、うまい棒が登場です。

ビンゴゲームだけ継続した際に起こりうる、離職リスクを解決するかもしれないのが、このうまい棒。

小さいころに一度は食べたことがあるのではないでしょうか?

一度は食べたことがあるうまい棒を使ったイベント企画をご紹介させて頂きます。

ちなみに公式ソングまであるのは、ご存知でしょうか?

国民のお菓子といっても過言ではありません。

うまい棒は、伝説になるほど種類が豊富なことと、種類の多さから味の区別の難易度が高いことが、

このクイズ大会のポイントとなります。

このクイズ大会は、目隠しをしていただき、うまい棒を食べていただきます。

何味かあてることができるのか?

競い合って頂きます。

ちなみに、今回ご用意したうまい棒は、この18種類です。

700名様を超えるイベントで利きうまい棒選手権を実施しました。

実物フリップまでご用意し、徹底したイベント運営を行いました。

はっきり言って、パッケージを開けてしまうとビジュアルで当てるのはほぼ無理です。

そして、結構難しいです。

会社の中でも役者者の皆様にご登壇いただき、スタートです。

やはり、意外と難しいらしく、当てるのには困難を極めていました。

目隠しをし、悩んでいる上司に会場は大盛り上がりとなりました。

利きうまい棒選手権は、予算をかけずに盛り上がる企画として重宝されそうです。

 

社内イベントの懇親会は、ちょっとした工夫一つで盛り上がりに変化をつけることが可能です。

そして、そのちょっとした工夫が参加者に伝わり、会社全体のコミュニケーションのレベルアップに寄与します。

社内イベントでの企画にお悩みの際には一度ご相談ください。

 

社内イベントはコミュニケーションの場

 

社内イベントは、メッセージが伝えやすい最高の場面です。

この機会を活用しないことはないので、是非有効活用してみましょう。

GROWSでは、今回ご紹介しきれなかった社内イベントの企画コンテンツを多数そろえております。

是非、企画に悩んだり、もう少しグレードアップさせたいなどのご要望の際には、ご相談ください。

 

GROWSの展開する社内イベントコンテンツサイトはこちらから

 

関連サイト:社内イベント大学

 

社内イベントは、社内のコミュニケーションの質を向上させたり、チームワークの醸成。

愛社精神やロイヤリティなどを向上させる一つの施策に当たります。

このイベントは、「何故行っているのか?」「何を成し遂げたいのか?」

次のステップではどのような世界を描いているのかを考えることがとても大事です。

 

社内イベントを開催することで、何が動き出し、何がちょっと変わるのか?

是非、よく考えて企画してみてはいかがでしょうか?

 

社内イベントをもっと良くしたい。もっともっと成長の機会にしたい。

マンネリ化してしまっているなどの、ご相談は是非GROWSまで。

よろしくお願いします。

growstoiawase

 

 

GROWS

growstoiawase